以前この番組に、
井上さん、山崎さん、浦井さんが出られた回を
楽しみながらも、歯ぎしりをしながら見てました。
更には、その前の花總さん、安蘭さんがご一緒の回も。

この番組で、この面子が揃って日本のミュージカルを語り合うその前に、
誰か、誰か忘れてないかい??と。
なぜここに彼は出れないんだ??と。
悲しい、というより悔しさしかありませんでした。

やっと叶いました。
まさか、叶うとは思いませんでした。

叶った上に、
まさか、こんなにガッツリ一時間「堂本光一」だったとは!
しかもSHOCK公演中ですぞ??
その最中時間を割いて、レギュラー以外の番組で歌まで披露する日がくるとは
夢にも思わなかったです。


亜門さんがSHOCKをすでに経験済みだとは驚きました。
光一さんも知らなかったというところに二重の驚き。
目情は出なくても、実は観たんだよ、っていう業界の方、
案外多いのかもしれない。
リンゴねえさん然りね(笑)
今年はぜひ梅芸で「大阪の女見参!」と
堂々とロビーを闊歩していただきたいです(笑)

話は逸れましたが(^_^;)


昔は裏話とかネタバレとか極度に嫌がっていた感のあった光一さん。
今はわりとスムーズにストーリーを語られ、
リハーサル風景の露出も封印されてる様子はありません。

多少のネタバレがあったところで、
自分にはそれを上回る感動を届ける自信がある、ということかもしれません。
こういうところ、
彼は本当に強くなったんだな、と
ついつい親心のようなものすら浮かんできちゃって・・・(´;ω;`)ウゥゥ


フライングのリハーサル、
経験豊かな綱元さんの大汗と、
腕にクールスプレーを吹きかけながらの綱さばきの光景、
この舞台、スタッフさんにもアイシングが必要になるとは・・・
こういう方々が他にもたくさんおられることで、
この舞台は今日も幕が開き、無事に下りる。

今こういう映像を出すこと自体が、
光一さんのスタッフさんへの感謝の表れかもしれないですね。
本当にいろんなことがありすぎた初演からのこの年月、
光一さんの考え方も、徐々に移ろってきたのかもしれない。

メディアに出て、何を問われ、何を聞きたがられてもすべてに応じることができる、
そんな強い座長を、昨日も番組の中から感じることができました。



光一君は、ちょーーーっとお忘れかのようですが。

私、大倉君の年の公演が大好きでした。

なんとも頼りなげなおぼっちゃまオーナーを支える、
しっかり者のトップスター、コウイチ。
実力と恋愛への嫉妬心に苛まれていた、子供じみて見えていたヤラ。
宝塚出身のRiRiKaさんは、さすがに歌もダンスも日舞も危なげなく、
華やかさが際立っていました。

この3人がいて。
ほんわかした癒しの空気のオオクラがいて。
仲間がいて。

この設定は、その前の年までとは比較にならないくらいストーリーに膨らみがあって、
カンパニーは人間的な温かみを持ったように見えていました。

そのオオクラが渡した刀で、コウイチは瀕死の状況に。

「追憶の雨」の場面は、この年から始まりましたね。
おぼっちゃまくんのオオクラが、
あの日からずっと苦しみから抜け出せず、
コウイチの幻を追いながら共に踊る姿からは、
2人のそれぞれの悲しみが、大きく客席に伝わってきていました。

自分の渡した刀だったからこそ、の思いが深くなるシーン。
初めて目にした場面であっても、
それぞれの人物の感情がきちんとストーリーに沿い、
ものすごくわかりやすかったです。


回数を重ね、そのシーンを演じる人物設定は変わっても、
あの年、大倉君がいたからこそ、
今もあの「追憶の雨」のシーンは削られることなく、
ずっと大切に続けられているんですよね。
今もこの場面は目にするたび、胸が締め付けられるくらいに大好き。


あ〜、また話が逸れちゃった(^_^;)

ま、いいか。
光一君の記憶が薄くなっているようなので、
あの年が大好きだったファンとしてここに記録しておきます。
(でも本心忘れていたわけではないと思うんですけどね)


この番組もそうだったけれど、
今年のSHOCK関連の露出番組は、
すべてが彼の「演出家」としての顔の部分にスポットを当てていました。

もちろん、そこに長けている彼を知っているファンとして、
その部分をクローズアップしていただけることは、ものすごく嬉しいし、
一般の方にも知っておいてもらいたいと、ずーーっと願い続けてきました。

それがいくつも形になって、
テレビという誰でも見れる媒体で、
ようやく表に出たことは本当に心の底から嬉しい。


でもね、でもね。

まー、ほんとにファンって勝手気ままで、
「わがままな!」ってどれだけ言われたら気が済むんだろ、
って思うくらいなんだけど(笑)

ぼちぼち。
ぼちぼちと。

プレイヤーとしての彼も、もっともっと見たい。

・・・と言ってしまうのは、欲のかきすぎでしょうか。

昨日の「Slave Maker」に恐ろしく悶えたのも、そういうとこなのかな。
今まさにSHOCKの公演中なのに、
表現者としての彼に、まだまだ私達は飢えてるんだよね(^_^;)


この作品から、屋良君、内君という2人のプレイヤーが育ち、
いろんな方面で活躍の場を増やしています。

光一君だけが、なかなかSHOCK以外の場所が叶っていない。
事情はまったく浮かんでこないわけでもないけれど、
この驚異的ドル箱興行を、
そう易々と東宝さんも事務所も断つことはできないのでしょう。
何より今もまだ、SHOCKを求めている人は
ファン以外にも後を絶たないわけで。

断たなくてもいいから。
いや。
いつかは断つ日もくるかもしれないだろうけども。


私達はもうすでに。
光一君が誰よりSHOCKを愛している、という当たり前と共に、
井上君とも手を携えようとしている今を知ってしまってるんですよね。


その場所で彼が挑もうとしていることは、
間違いなく「演出家」ではなく「演者」。

調理してもらえる自分、なわけです。


「演出家」の顔を持ちながらも、
プレイヤーとして目を輝かせながらミュージカルや舞台に夢を馳せる彼の笑顔は、
ずっと謎とされてきたあの「2年後の話」を公けにできた今年だからこそ、
たくさん見るチャンスがあるのかもしれない。


押しも押されもしない、力強い座長としての凛々しい彼も
何の申し分もないくらいに素敵。

けど、誰かに身を委ねながら、
まだ自分も出会ったことがない自分自身を見出そうと、
もがき、汗水垂らして七転八倒している光一さんの姿も、
きっと私たちの心臓の高鳴りを呼び起こしてくれるでしょう。


私達だけが、そんな彼を待っているわけじゃない。

誰よりその日が来ることを待ち望んでいるのは、
光一さん自身・・・ ではないかしら。



まぁそんなこともつらつら思いながらも、
今まさに帝劇では1500回を目指して公演が継続中。

テレビで作品を語る姿とは違い、
舞台の上の彼はこのカンパニーの主演俳優。

秀でた演出がゆえに、この作品が素晴らしいというばかりじゃない。

何度目にしても、感動し心を揺さぶられるのは、
彼が舞台の上でコウイチという青年として生き、
その人生を通して舞台を全うする自身の生きざまが見えるから。


「演出家」としてクローズアップが目立った今年の露出。

次はどこかで「表現者」としてスポットを当ててくれるところはないもんか?と
1500回の特別な今年に、
ついつい欲の皮が分厚くなっていく化け猫です。


あ〜〜
でもとにかく何より今、言わなくちゃいけないこと。

光一君の言葉を巧みに拾い汲んでくれた和やかなトークと、
超かっこいいセッションで楽しませてくれたエイトの皆さん。
素敵な時間をありがとう!







拍手コメントのお返事です。


るりさま

お久しぶりです。ちょうど同じような頃に入られたのでしょうね。
毎年今年が一番!の思いを届けてくれるための努力は並大抵ではないでしょう。
それを17年も続けてこられた光一くんのエネルギーは計り知れないものがあります。
500回刻みで出る円盤にはすこーし期待をかけていますが、それとサントラは別腹。
音源となるといろいろと課題はあることもわからなくはないですが、
ここは一発、日本のミュージカル界の発展のためという大きな括りで
ぜひぜひ世に放ってほしいものですね。