堂本光一様
ソロデビュー10周年 
おめでとうございます




いろいろとバタバタしておりまして、
一日、遅れを取ってしまいました。

というわけで、お題もそのまま、
・・・と一日です(笑)



10周年。
なにかあるかな?と微かに期待を込めつつ、
どうやら剛くんの10周年も特別なこともなかったようだと聞き、
またグループ15周年もスッカラカン、
未だ20周年の具体的プランも届いてこない今、
キンキであれ、ソロであれ、
このグループの周囲にいる側近方は、
周年という名目で、当人の背中を押すようなノリのいい方はあまりいないんだなぁ〜
と結論づけておくことにしよう(笑)



でもまぁやっぱり、10年は大きな括りです。

真夜中に起き出して(こちらでは東京よりOAが1時間遅かった)
小さめにテレビの音量を絞った主題歌に胸が高鳴り
トールの声に心震わせていたあの時間から10年経ったんですねー。

光ちゃんごともそうだし、
自分もことも合わせて、この10年のマッハ級の速さに驚いてます。


デビューという形をとり、
ソロアーティストとしての活動としては、
リリースとライブ、これがメインだと思うんですが、

数字数字、
結果結果と、そこばかりを求められるのであれば、
売上といい、動員数といい
光一さんのソロの業績というのは、もう十分成果を上げていると思えます。

この先の要望の声だって、しっかり出してる。

光ちゃん!
みんな待ってるよーー!って
いつもいつも、いろんな場所で伝え続けての10年。

そのわりには・・・

と、たくさんの幸せも届けてもらいつつ、
どうしても負の思いに囚われることから離れられない時間もたくさんありました。



キンキのデビュー日と接近してしまっているがゆえに、
自身のデビュー日にはになかなか陽が当たらない。

今年なんてね・・・ 
そりゃあ、キンキを動かそうとするよねぇ・・・

でもさー、ほんとの周年はこっちなんだけどぉぉぉーーーー

って、言いたいところってまさにここ。



折しも一昨日、キンキ新曲のPVが短いながらOAされて、
YOSHIEさんの振り付けがすっかり身に入った光ちゃんの踊る姿も凛々しいことったら(*≧∀≦*)

とはいえ、このタイミングのOA開始も、
光ちゃんファンとしてはなかなか消化しづらいところ。

彼にって、作品に取り組む気持ちはどこに向けても同じなことは充分わかってる。

こんな素敵な光ちゃんも、
この曲がなければ世の誰の目に触れることもなくなるわけで、
気持ちの折り合いのつけどころが、自分の中でも複雑になってます。



まぁ、単純に・・・・

悔しいし、寂しい。

記念すべき、正真正銘の10周年で湧き上がるソロの素材が、
今私達の手元に何もないという今が。



でも、元気出さなきゃね。

光ちゃんは、いつだってどこだって堂本光一でいつづけてくれている。



前にもここで書いたように、
彼が元気で、しっかり前を向いていれば、また何か奇跡が起きる。

周年にこだわらない、彼にしか決められないタイミングを、
ゆっくりと見守っていきながら
日々私達も頑張らなきゃだなぁ〜って感じてます。


ただ!
化け猫の一員として、願わくば、
私が元気で自由に動ける身体の間に、とそこはほんとよろしくです(笑)



コミュニケーションツールがなかなかない光一さんと私達だけど、
昨日からのタグ祭りやブログなどのファンの賑わいが、
何かの形で、光一さんに伝わってくれていればうれしいなぁ(*´∀`*)


いつか、
まだ私達の中の誰ひとりとして知る由もない何かが叶った時になり、
ようやく光一さんは言ってくれるでしょう。

『皆さんの声は届いていました』  って。



この上ない幸せと忍耐が混じりあった10年間。

ほんとにたくさんのいろいろがあったけれど、

ソロデビューを決心してくれて、本当にありがとう。

一番、伝えたいのはそれかもしれません。