Moon Light Rhapsody

想いは堂本光一さんへ…  柊子の心の綴りです

祝!10周年!!

連日のテレビと雑誌ラッシュ
お願いだから、もっと年間通して小出しにしてくれよ〜とも言いたくなるくらいの勢いで、本当にどれもこれも幸せでしょうがない。

でも、一番じわ〜っときたのは、
今日の2人からの‘ありがとう’

本当に、私こそ‘ありがとう’です。
あなた達に出会えて、どれほどたくさんの幸せとエネルギーをもらえたことか。

間違いなく、2人に出会えていなかったら、私は今の私ではなかった。
もっとだらしなくて、もっと淡々としていて。

でも、逆に言えば、
もっと、素晴らしく主婦していたかもしれない。
お手本のような母親をめざしていたかもしれない。
息子達のため、夫のため
家族と過ごすことが何より大切なことだと、
宝物は家族だと、心の底から自信を持っていえる私になれていたのかもしれないな。

まったく違うアプローチだったかもしれないけれど、
一生懸命生きる力、がんばろうと思えるエネルギー
大切なものを大切だと感じる心
そういうものを、きっと他の人よりたくさんもらえた私にはなれたと思う。
それが家族にだけ向けられていないということは否定しないけれど(苦)
あれもこれもの分厚い毎日は、2人がいなければなかったはず。

本当にありがとう。
こんな欲張りな私にしてくれて。
願えば叶う
それを教えてくれたのは、二人だったよ。

明日は大切に大切に、それを伝えてこようと思います。
明日の時間を作リ出してくれた二人に、
そして明日のその時間を私に許してくれたすべての人に、
いっぱい感謝の時間にしてきたいと思います。

Tちゃん
思い出いっぱい作ろうね〜〜〜!!






キテルぞ〜

あれもこれも、本当に大変。
表紙の雑誌だけでも一体何冊テーブルに積んだままやねんっ!の上に、今日もまだドカっと増えちゃって。
HDDの録画もリピートの余地もないまま、39まできちゃたぞ。
ライブDVD再生しようと思ったら、次男が「お母さん、なんか届いてるぞ〜」
キタ〜〜〜〜!!!
そうだ! チケットまできちゃったぞ。
なんと泣かせる封筒なんだっ!
これは封筒ごと残さねば!!

なんだか10年分の盆と正月とクリスマスと誕生日がいっぺんに来てるようなここ数日。
そこまで極端かよ‥‥な感覚ですが、せっかくの10周年はこうじゃなきゃ。

明日はオフであれこれかたづけて、39DVDやら少クラやら浸るぞ〜と決め込んでたら、私がいることを聞きつけて親まで来るんですと。
ちょっといろんなことが押し寄せすぎ。
時間がないぞ〜(焦)
でも、こんな忙しさなら一年中でもいいな。
ここ数日の彼らへの出費トータルは、恐ろしいものはあるけれど(怖)
とりあえずは、テーブルの上の雑誌の山だけは先にかたづけとかなきゃ。

オーラの泉

なぁんて贅沢な1時間だったことでしょう〜〜!!!(号泣)
あの自分語りをしない光ちゃんが、たっぷり1時間座りっぱなしで「自分」を話しちゃいましたよ!
ジェネジャン!では、実は一番そこに居心地悪そうに座っていたように見えてた光ちゃん(苦笑)、
実はメチャメチャスピリチュアルな人だったんですね。
ってか、スピリチュアルなところから探っていった方が、より「人間・堂本光一」が鮮明になったというわけだったんでしょうか。

「目に見えないもの」じゃなく、「自分から生まれる力」を信じたい。
たとえ不確かなものでも、納得した形で存在していてほしい。

光ちゃんはやたらめったらの解説好きだったわけじゃなくて、
そこにいつも理由を探そうとしているのかな、と思いました。
ちょっとその理由に甘えるじゃないけれど、自分が見つけ出した理由をエネルギーに変えて、効率よくつないでいこうとする。
そこが、実は「自分にウソつき」なところなのかもしれないですね。

39コンサートの前に、テレビというメディアを通して光ちゃんから直接剛君との絆について聞けたことは、とても幸運なことだったと思います。
あれなら、絶対に歪まずストレートに伝わってる。
彼にだけは寛大になれるのですね。
剛君、なんという幸運の持ち主なんでしょう。
あなたの相方は宇宙よりデカイ。

そして2年前‥‥
私が改めて、「自分の中の堂本光一」という存在を深く考えさせられた時期でもありました。
私にとっても初めてのその時期は、とても苦しく、無気力な時間でした。
光ちゃんを追いかけるその力で、私の毎日は動いていた。
そのことの大きさに、自分ながらに驚かされていた時期です。
壁を壊してくれた人に光ちゃんが果たして出会えたのかどうか、今もそれはわからないけれど、確かに光ちゃんは変わったと、私にはそう感じられるのです。
抜けた、としっかり自分から伝えてくれるようになった光ちゃん。
それをテレビという媒体で、間違いなく伝えてもらえた私達。
こんな幸せなことはないですよね。

一つ一つの言葉を確認しながら、
ゆっくりと丁寧に、正確に伝えようとする光ちゃん。
謙虚で、聡明で、濁りがなくて。
ますますハマッていきそうです。

江原さんは「エネルギー」という言葉で表現されていたけれど、
私は「気力」が身体を越えてしまうのがすごく怖い。
今の光ちゃんには選択肢がたくさん増えたはず。
周囲の期待の声ばかりでなく、自分の身体の中からの声も、しっかり逃さないように聞いて欲しいなと思うのです。
私が光ちゃんに望むとすれば、本当にそれだけ。
光ちゃんの姿が常に目に入ってさえいれば、私はそれをどんどんエネルギーに変えていけますから。

あ、それと。
「ゆかりの地バス」
21,22日は、実は関西ってのはどんなもんで?
「KinKi Kidsのゆかり」でしょ? 
奈良と芦屋。
それはなさそうなんで、せめて城ホールのある大阪城公園とか。
もと関西ボーヤでしょ?
あ、東京なんですか。
くっそ〜、なんでもかんでも‥‥(怒)
せめてその二日間くらいは、ドーム参戦できなかった人のためのものにしてほしいな。
ちゃんと分散しましょうよ〜。
じゃないと39はみんなに伝わらないよ。



















待つこと

3日おきに通院してます。
まだ腫れは引かないし、夕方あたりには「もう神経抜いてくれ〜」ってなくらいひどく痛んで脂汗が出てきます。
夜中に痛みで目が覚めることもしょっちゅう。

それでも、やっぱオシャレしていきたいじゃないですか。
実は22日のイベントが決まるずっとずっと前から、相方と「これ着て10周年の夏に2人に会いに行こう!」と、一緒に買い物までしてたんです。
とっても素敵なお洋服、靴はアレって決めてたので、それ以外は絶対にヤダ。

先生に「いつ頃になったら動けますかね?」って聞いたら、
「いや、動いたらダメだから」って(汗)。

代わりがいなかった光ちゃんは、相当に無理を押して舞台に立ち続けたのでしょう。
代わりがいようがいまいが、彼の心はいつも一貫してる。
そんな彼が、観客の前で流した悔し涙は、とてつもなく重い重いものだったに違いありません。

代わりがいたことが幸いだったかもしれないけど、動ける体になる日までただ待ち続けた翼君の心の中も、本当にどれほどの思いがあったものかと思います。
攻めの亮君の演技は新鮮だったけれど、その直後に観た翼君には、とても芯の通った強いものを感じました。
あの年のSHOCKは、とても印象深いです。

そんなことを思えば、今私が動けないことなんて、本当に取るに足らないことなんだろうなと感じます。
もちろん、たくさんの人に「ごめんなさい」「すみません」を口にしないといけないのは精神的には厳しいこともあるけれど、
それ以上に「ありがとう」を何度も口にしている今に感謝。
たくさんの人に許してもらいながらの毎日です。
いつか、ちゃんとお返ししなければと心に命じています。




当たってました!

行きます、初東京ドーム!
正確に言うと、初ではないんですけどね。
4年ほど前に、家族で巨人戦をわざわざ観に行ったりはしたんですけど。(うちは光ちゃん家と同じく関西人巨人ファン)
その時に誓ったんですよ。
次に来る時は、絶対にKinKiコンで!って。
正直、こんなに早く実現しようとは。
しかもこれほどの争奪戦で。

外れる気がしなかったのが本当に不思議で、でも当たったら当たったで心底ビックリ。
地方組でもちゃんと当たりましたよ〜ってことで。
チケット以外はすべて段取り済みです。
何の迷いもなく行ってきます!!

光ちゃん
「まずは」って言葉、正確に、間違いなく使ってますよね?
編集者の方
「まずは」って言葉、流れでなんとなく適当に使ってませんよね??

この「まずは」に期待してますよ!
ってか、今この「まずは」の一言にすがってる人、私たちも含めて山ほどいるはずですから。
ああ〜、でもこっちは逆に外しそう‥‥(焦)
ってなことで、次は相方よろしく当ててね〜






バースディプレゼント

昨日は誕生日でした。

7月1日はとても便利で、世の中の節目がとても多い日。
んでもって、光一ファンにとっても覚えやすい日。
家族からの言葉かけはもらえなくても、KinKiファン友達はちゃんと、
「おめでとう〜!光ちゃんも28歳と半年!!」
ってな具合で、必ずそこでひっかけて忘れずおめでとうメールをくれたりします。
実に都合のいい日のようで。
みなさん、毎年ありがとうございます(感謝)。

それから、相方〜
ほんとにありがとうね〜
サボテンも私たちの愛情も変らず永遠なのさぁ〜(Love)

堂兄生ライブも、KinKiの2人からの私へのスペシャルプレゼントだと思い込んでます(勝手に)。
誕生日に生で会えるなんて、なんて幸せ者なの〜♪
しかも、とてもとても幸せな内容でした(嬉し泣き)
何かしら交えてのお話より、今の2人ならああいう30分の方が、ずっとずっとKinKi Kidsが伝わってくる。

大切に大切に歌ってる2人の姿が素敵でしたね。
光ちゃん、ただでさえ高い上ハモの連発
光ちゃんのハモリって大好き。
ハモリなのにカッコイイ。

遅い時間からエネルギーもらって、
今日は、がんばって仕事してきました。
やっぱり思ったほどには動けなかったけれど、
それでも、今できることを一生懸命やってきました。

これも、光ちゃんが教えてくれたこと。
できる限りを尽くすということ。
ただ一生懸命を続けるということ。
怠け者の私には、一生かかっても追いつくことのできない人。
でも、彼を追い続けていれば、もしかしたらこんな私でも「がんばった」と言える人間になれそうな気がしてます。
だから、絶対光ちゃんから目を離さない。
そう決めてます。

3日ぶりの職場では、
私は、階段から落ちて足を骨折したことになってました。(驚)
風評ってこわい〜(恐)
KinKiの2人の日常って、こんなことの繰り返しなのかしら
よほど度胸すわってないと、前を向いていけないですね‥‥。











のんびりまったり‥‥

‥‥なんて、とんでもないったら!!

痛いぞ! 痛い〜〜〜!!!
恐ろしく痛いです!!!(叫)

動けるとか動けないとかの話じゃなく、とにかく痛いんです!
何にもしてなくても痛い。
先生も「2,3日はかなり痛いだろうけどね」と言われてましたけど。

局所的な腫れじゃなく、今は足の甲全体が腫れてて、包帯の隙間から出てるかかとや足の爪の根元まで、紫というか真っ黒。
傷めた部分に溜まった血が下がってきてるらしいですが。
それなりには回復してきてるとは思うんですけど、明日は仕事に行かなきゃいけない。

靴はけないし、階段無理だし、重いもの持てないし。
でもとにかく行かなきゃ。

‥‥にしても‥‥

うらやましいお立場ですこと。
食べたんですね、彼の握った寿司を。イカゲソを。

今更自慢でもないですよね、
あなたの隣は、いつも、当然のように彼なのですから。

そんなふうに、
いつでも、それはあたりまえのことなんだと、
別に特別なことじゃないんだと、
そんな2人でいて下さい。

もうたくさんの言葉はいらない。
2人でいるんだ、ということだけが伝わればそれでいいんです。








神様がくれた時間

昨日仕事中に、左足首を捻挫しました。

ほんとに些細なことだったんですけどね。
ちょっとした段差を踏み外しまして、完全に足首が90度曲がりました。
痛みは最初あまり感じなかったんですが、座って靴下脱いだら、大げさでなくこぶし大くらいに足首が局所的に腫れあがってました。
従業員もお客さんものぞきこんで、
「コレ絶対に折れてるよ〜」
なんだか、みんなうれしそうだったです(怒)

とにかく病院へってことになり、「一人で大丈夫?」の声を背中に受けながら、自力でなんとか運転。
フットブレーキが踏めないことに、車に乗り込んでから気がつきました(焦)。
あんなにたくさん人はいたのに、誰か乗せてってやろうって人間はいなかったのかと、今になって腹立ってます(爆)

自宅近くの顔なじみの先生は、いつも本当に優しく声をかけてくださる私の癒しのお医者さん。
若いのに内科も外科も整形外科も、何でも診て下さいます。
病院にたどり着くとようやく気持ちが緩んだか、痛みは激痛に変わってて、おかしな汗まで大量に出てきて、正直かなり具合悪かったです。
看護婦さんが気を遣って急患扱いにしてくださり、すぐに診ていただけました。

足見るなり先生「ああ〜‥‥」って(苦)
即レントゲン。
骨は異常なく、2,3日は動かさないで安静に、月曜日にもう一度レントゲン撮りますってことで、今足首は湿布とテーピングで包帯グルグルです。

待合室で、その日会う約束をしていた相方に簡単にメールを入れたら、仕事の後速攻でうちまで飛んできてくれました。
ドラ焼きもって。ありがとよ(Love)

「よかったぁ〜。今なら22日間に合うよ」
あなたの励ましの言葉は、誰より的確で私には効果的。

昨夜は痛み止めもあまり効かず、寝返りを打つものつらかったですが、
今朝はゆっくりですが、びっこひきひき壁をつたいながらも動ける程度にはなりました。
ダンナは洗濯機だけは回してくれてたものの、干しもせず出社(怒)
長男は部活、次男は地域の行事に行っちゃって、
本当に久しぶりの、一人きりのリビングはものすごく居心地がいい。

ここんとこ、本当にわけわかんないくらい忙しすぎで、
急に空いたこの時間はまさしく恵みの時間。
忙しいだけってのは、何も生まないですね。
痛い思いもしましたが、いろいろと考えさせられました。

今日は仕事もお休みをいただき、明日はもともとオフ。
月曜から可能なら始動します。
それまではのんびりまったり、降って湧いたようなこの時間を堪能します。










テレビ誌めぐり

ほんとにほんとにほんとに大忙しで‥‥(汗)
まじめな話、食事とアイロンかけくらいしか座る時間もないような。
今だってほんとはやることは山積みで。
けど、もう座ってやることに決めた!!(爆)

やっとイベントチケの申込も完了、
続々と出てくるテレビ誌も、買った分も本屋でチラリだけも含めて、ようやく全部目が通せました。

いいなぁ、テレパルの光ちゃん♪
「やらなきゃ終わんねぇし」
そうです。
まさしく今の私、そんな状況です。
あなたに言われりゃ、ホントにリアル感ありすぎ(焦)

光ちゃん、日焼けしましたねぇ〜
土方焼けしてたり、土方巻き似合ったり。
王子と土方がこれほど共存しあっている人もいないんじゃないかと。
今どきの王子の枠からは外れてる王子のようですが。
そんな光ちゃんが、誰より男っぽくて素敵です(LoveLove)

そして唯一「う〜ん‥‥」とうなった某紙。
KinKi10周年のこの夏に、
堂○ライブを切望されているファンって、どのくらいいるんでしょう‥‥?

KinKiの10周年と、新堂本○○。
同じじゃ困るんですけど。
一緒に扱われても困るんですけど。

あの方の実現への自信が力強ければ強いほど、どんどん波が引いていきそうで。
せっかくの私と相方の上京意欲、下げさせないで下さい。
今年の夏は特別なんですよぉ〜。
お願いですからぁ〜〜(涙)







準備完了

仕事のオフ申請完了、
新幹線のチケット予約もOK,
帰りの高速バスの手配は相方が段取ってくれてて、
子供達はばあちゃんちに送り込みます。

なぜか外れる気がしない今回のイベントチケット。
こちらで今できる準備は万端です♪

あんまり親の立場を放棄していてもアレなんで、
昨日は前から次男が行きたがっていた、ヴィッセル神戸のナイトゲームに次男と2人きりで観戦しに行きました。
ちゃんと子供の要望も取り入れつつ。
長男は来週からの期末テスト勉強ですと(驚)。

何万人だか収容できる、広い広いスタジアムで、
座るや否や、すぐ後ろから「○○さ〜ん」と名前を呼ばれました。
「んっ??」
次男の同級生のオカンでした。
世の中って、こんなに狭かったっけか(汗)

まさか、とは思うけど、その日は東京ドームで私を見つけても、誰も声をかけないでね。
確実に他人の振りしてますから(爆)

あ、まだしてないことがある。
実はチケット申し込んでないのよ〜(焦)
こちらは明日の給料日を待ってということで。
給料日前のわずかな生活費をチケット代に変えてしまうほど、まだ私はアナーキーではなかなったじゃないかと(でもテレビ誌は2冊も買っちゃった)
それにしても、公演コードを確認しなくてもいい振込用紙もビミョウ‥‥





livedoor プロフィール
記事検索
Archives
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ