Moon Light Rhapsody

想いは堂本光一さんへ…  柊子の心の綴りです

祝!Spiralツアー&ソロデビュー9周年

Spiralツアー初日
そして、ソロデビュー9周年  
おめでとうございます゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



昨年の今日書いた8周年に向けての私の更新は、
舞台以外のソロ活動として、
特にこれといったことが何もなかった寂しさというか、虚無感というか、
そういう空気が充満しきっていました。
正直、萎えてた、というか、若干クサッてたというか・・・(^_^;)
少し前に送ってくれた光一さんのウェブの、
「何かあるかも・・・」という微かな光だけを頼りに、
自分に勢いづけながら、かろうじて文章を繋げていたような気がします。


7周年と8周年は、
SHOCKの地方公演が定着し、
舞台生活としてはいくつかのアニバーサリーもあって、
お祝いムードが高まりました。

舞台人としてはとても順調ではあったけれど、
もうひとつの顔であるソロアーティストとしての手腕や功績が分かりすぎているファンには、
また別の欲が隠せない時期だったと思います。


私個人的には、もちろんSHOCKは大好き。
SHOCKがあったからこその今の光一さんであることは絶対否定できないし、
今もどれだけ、あの作品に感動と幸せをもらっていることか。
たぶん、これからもずっと舞台というものに携わりながらの光一さんだろうし、
そうであってほしいなと心から願ってる。
そういうことを前提での、わがままなんですよ、もちろん(^ω^)



ちょうど一年前の更新を読み返してみました。

ああ、なんてマイナスな・・・・・・・・ (^_^;)

その頃の自分の思いがわかりやすい部分があったので、
その部分、少しだけ抜粋してみます。


『あまりのSHOCKという重責の重さに、
彼と、彼を囲む周辺の中で、
ソロアーティストという立ち位置が不鮮明になってきているのかな、とか
ついつい思ってしまうこともあります。

環境的に、
一人のジャニーズアイドルとして、
もっと大きな括りの一アーティストとして
通常のファン願望を彼に抱くことは、
もしかしたら、前よりずっと難しくなったのかもしれない。

とはいえ、「もっともっと」の私達の声は、
絶対に彼の元にも届いているはずと、それは信じているんです』



な・・・
なんだか自分が健気すぎて、
泣けてきた・・・・ ・゜・(ノД`)・゜・


その頃の自分たちの思いが伝わったと信じたい。
今日のこの9周年に向けて、
光一さんはすべてを形づけ、叶えてくれた。

これまでの枠を打ち破った、
画期的な映像シングルという形式と、
思いもしなかった方向性の曲とダンスを携えて。

誰がどう聴いたところで、
「なに?この手間暇かかったアルバムは!?」って思えるSpiralの完成。
そして、それをしたがえてのソロツアーの実現。


加えて、念願のテレビもたくさん出てくれました。
単発ではあるけれど、ドラマも叶えてくれました。

大げさではなく、「もうニ度とドラマという場所は叶わないんじゃないか」と、
心のどこかで本気で思い込んでいた、ちょっと下向きな私もいたりして(^_^;)

二番手が役者として実においしい立ち位置であったこと、
私達の中にも、新しい感覚が生まれた時間でもあったと思えます。


・・・・・・・ と、
叶えてくれました話は、とりあえずちょっと横に置いておいて(笑)


アルバムにいつ頃から着手してくれていたかは定かではないけれど、
とにかく、こんなに手間と時間のかかる作業を積み重ねてくれていたことへの驚きと、歌い手としてのたくさんの声の進化。

一昔前なら、そしてキンキとしてだけなら、
消極的なままだったかもしれない、シャウトやスキャットなど、
「こんな光ちゃんの声聴いたことないぞ」というようなものが、本当にたくさん組み込まれている。


これまでだったら、もしかしたら、アルバム製作となると自作という部分で自らの首を締め、
「やんなきゃ、やんなきゃ・・・・・・   んぁぁぁ〜〜〜、もうやめっ!!」
を繰り返していたかもしれない(^_^;)

「自作じゃないと評価されないかもしれない」的な縛りみたいなものを、
長い間、彼に押し付けてしまっていたのは、私達だったのかもしれないです。
あまりに、その声が大きすぎて・・・・ ね。

でも、結局その壁を破ったのも、自分をそこから解放したのも彼自身だし、
自作じゃないですよ、と言いながら堂々と立っている、
別な意味で自信をつけた彼の今の目の輝きって、すっごく素敵。


映像シングルと、Fameのメイキングを見て、すっごい嬉しかったんですよね。
「楽しかったんだねぇ、充実だねぇ、よかったよかった!」って。

舞台もあり、ドラマの撮影も入りながら、
また別な場所で、あれだけ違う色合いの3つのPVを製作することなんて、
そりゃもう、私達じゃ経験することもないような多忙さを極めている中だったと思うんですよ。

でも、そこになんの疲れも悲壮感も見えず、
実に実に楽しそうで!!!\(^o^)/


楽しそうにニコニコと充実度を伝えてくれる光一さんの笑顔で、
なんでこんなに泣けてくるんだろ・・・・

彼が幸せなんだなぁと思えると無性に泣ける。

・・・・うう、ほんとにね、よかったよね・・・・゜・(ノД`)・゜・   ← と、思いながらまた泣く(;_;)

たぶんこの思いを繰り返すことこそが、
光一さんをずっと好きでいられる一番大きな軸、みたいなものなんでしょうね。

決してブレることのない軸は、
ファンの中にもあるんですよ、ちゃんとね。


残酷なファンの戯言のようになりますが、
やっぱり光一さんは、仕事の人なんだね、
できる男は違うよねぇ!と
今更ながら噛み締めている9周年ですヾ(*´∀`*)ノ



9周年で、こんなに素敵な思いで満たされる更新を書かせてもらえたことに感謝です。

この一年、本当にたくさんのことがありすぎました。

あの事故で、唇を噛み締める思いもした。

でも乗り越えた。

乗り越えた力は、その舞台に向けてだけでは終わらない。

たぶん、あの生の震える思いだったMステのケントさんとのコラボの瞬間も。
そして、今日から始まる新しいツアーの中でも。

新しいエネルギーを溜めまくって、
今日からまた放電し続け、
私達は、彼のエネルギーのぐるぐる巻きにされるんでしょうね。♥。・゚♡゚・。♥。・



今回は、初日までに無事に音源も届いています。(フツーはあたりまえw)

北の大地に飛んでいかれた方も多いでしょう。

その方々に、今日の私の思いを託します。


どうか、無事の、そして大盛り上がりのツアー初日になりますよう。


そして光一さん。

デビュー9周年、おめでとうございます。

あれだけ階段を転げ落ちるのに、
決して歩みの早いあなたではなかったけれど、
届けてもらえるすべてのものに、
今だその都度驚き続けている自分が嬉しくてたまりません。


たくさんでなくてもいい。

ただ、常にコンスタントに音源を届けてほしい。

あなたの声と、その姿は
あなたが思っている以上に、
私達に力と夢を与えてくれているんですから。








拍手コメントのお返事です。


wakoさま

札幌、楽しんでおられますか??
いえ、聞くだけヤボですよね(笑)
どうか北の大地で光一さんとお幸せに♥
また機会があれば、一口感想をよろしくお願いしますm(_ _)m




るりさま

たしかに一度聴き始めると、ほんとにリピートが止められなくて困ります(;´Д`)
どの曲も本当に心が躍りますよね♪
もっとこのアルバムが広がってほしいのに、
たしかにアルバムとしてのプロモーションが乏しいのはちょっと・・・・゜・(ノД`)・゜・
時期的には難しかったかなぁ。
これだけのクオリティーのアルバム、
もっと多くの一般の人にも、なんとか広がってほしいですよね。




7/9 お越しいただいた方

ブブンブブーンを始め、すべてのGとしてのお仕事に光一さんが気が重いかどうか・・・ 
までは、私は正直わかりません。
ただ今回は商品が商品ということと、
このお話のきっかけはたぶん・・・ という憶測の上で、
うまく機転が効いたなぁ、本当に頭がいい人だなぁ、と私はその方に感動した次第です。
そして、受けた仕事ならプラスの方向へ。
そうなれば、Gにとっては発毛以上に効果が生まれることになるやもしれませんよ(笑)

Spiralがぐるぐる

「Fame」から始まり、
曲が進んでいくごとに、
「おいおい、一体なにが始まったんや〜??」と、
自分の耳と頭がついていくのが必死(@_@;)


封を切り、
最初に聴いた時の私って、始終こんな感じでした。


聴こえてくるすべての音とすべての声に圧倒されまくった。

あっぱれです、光一さん。

また今回も、
私達はあなたの生んだ世界に押し倒されてしまった。 ←言っちゃった(//∇//)



買い換えたヘッドホンは異常なくらい、いい働きをしてくれてまして。
もうそれはそれはご機嫌に聴いてます。
驚くほどたくさんの音と声を、見事に拾い上げて、
私の頭の中を、Spiralの世界で覆ってくれています。
いえいえ、この今の熱って、ヘッドホン効果ばかりじゃないのはわかってますけれど。

いいなーーー
いいなーーーーー
すごいなーーーーーーー   

Spiral☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


脳内と言わず、全身が光ちゃんの声で包まれてます。
いえいえ!
光ちゃんの声が全身に巻きついてます!!(*≧∀≦*)(*≧∀≦*)

そしてまた、Fameメイキングでもお話されてましたけど、
光一さんのお好み楽曲に、私達は巻き込まれてるのかもしれないですね。
そういう意味でも、グルグル巻かれたSpiralなのかも。


むかーしむかーーし
MVがボチボチ浸透しだした頃、まだ学生でしたが。
深夜の「ベストヒットUSA」を必死で追いかけて観てる時代がありました。
MJを始め、ワムとかホール&オーツとか、ライオネルリッチーとか。いろいろ。
聴いているうち、あの頃よく聴いた、洋楽アルバムの空気を思い出しました。
(私もたいがい古い人間(;´Д`))

でもでも、あの頃よりもっともっと難度が高くて高品質。
もちろん、音質やチャンネル、機材だって全然違うから比較のしようもないんですが。
日本人でも、こんな洋楽が生めるんですね。
そのことへの驚き。
光ちゃんの脳内って、一体どうなってるんだか・・・(@_@;)


Amiさんと光一さん以外の声は皆無。
聴こえてくる、あんな声やこんな声、その全部が光一さんの声。
彼にしてみれば当たり前のことという定義らしいけど、
これって、すごくないですか?

時に優しく、時に強く芯のあるファルセット。
曲により、フレーズによりその高さも多様で。
そしてまた、びっくりするくらいな低音ボイスもとてもよく響く。
一昔前なら、シャウトやスキャットなんて、
恥ずかしがって入れたりしなかったかもしれない。

とにかくトライ。
とにかく挑戦。
前向きで、やってみようっていうスピリットがドンドン届いてきてる。

だからこそこのアルバムは、とっても力強い。

ボーカルっていう枠に留まらず、
声そのものが、楽曲を伝える「術」であり「技」なんですね。

「エンターティナー光一」は、
このアルバムの中に限っては、
「ボーカリスト」の看板をあげてもいいとすら思えるのです。

これだけのものを作り上げるのに、
どれだけの時間を費やされたのか。

昨年、散々顔が見えない、姿が見えないと、
散々ここで愚痴りまくってごめんなさい、光ちゃんm(_ _)m
ああ、私ったら・・・(ρ゚∩゚)


まだ、何かの曲を名指しで「これが好き」とは言えません。
とにかく今は、時間の隙間を見つけてはすべての曲にいちいちキャーキャーなありさまで(笑)

この新しい曲たちが手元に届いたことで
驚くほどの力を与えてもらっています。

映像はもちろんだけど、
音源って、それとはまたぜんっぜん違うパワーが生まれるんですよね。
今回のこのアルバムで、ものすごくそれを感じました。

出たばっかりで申し訳ないですけど、
光一さん、
やっぱりCDは定期的に出しましょうよ。
ほんと、出たばっかりでわがまま言いますけど(笑)



そして、やっと全編見れた「Fame」

最後の最後のアップ、
「ニヤリ」のあの表情にヤられました。
ヤバイです、あれ。

自分勝手な想像も妄想も止まらない。

お尋ね者なの?
義賊??

あの「ニヤリ」だけで、
なんだか、ものすごーーく黒い人を感じて、
嬉しすぎてたまんないんですけどぉ(//∇//)
あくまで、私が見た感じたってとこだけですよ。
もちろん、そこに正解はないわけで。

てか、あれは悪なら面白い。
悪い人、やってほしいです!
熱烈悪党希望!!(笑)
あれで短編映画作ってほしいな。

そして、もしライブの会場であの飛行船が現れ、
ながーーーいながーーーいスカーフたなびかして、
あのわるーい人があのままの姿で現れたら、
間違いなくその場で気絶してます。
自信あります(笑)



さぁ、間もなく初日を迎えるソロツアー。

なにがすごいって、このアルバムのこの曲たちが、
目に見える形となって、私達の目の前に広げられるということ。

ね? ね?
すごいことですよね??☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・


また、大切な宝物が増えました。

光ちゃん、
これだけの楽曲、
これだけの声、
そして、今の幸せなひととき。

本当にありがとう。





拍手コメントのお返事です。


wakoさま

こんばんは。
あのCMね、私も一度遭遇しましたけど、
鬱になるのはあの合成なんですよね。
普通にいつもの姿で出てやれば、そこまで鬱々とならなかったのかな、とか
テレビから見えたもので感じました。
まぁあまり歓迎はしてませんけどね(^_^;)
それよかまだSpiralのCM遭遇してないよぉ・゜・(ノД`)・゜・
札幌、参加されるのでしょうか?
初日は間もなく! 心から楽しみですよね!!

準備万端

CM会見と、FameのCS放送が同時というところに、
事務所ならびにJEさんの光一さんへの愛情を感じたのは私だけでしょうか(笑)

どうせはやることになる会見、
このタイミングで合わせてくれたことが、
どれだけありがたかったことでしょう・゜・(ノД`)・゜・

少なくとも、私はどれだけ救われたことか(´;ω;`)


会見も悪い意味でなく
むしろいい意味で光一さん寄り?とすら私には思えたんですよね。

「キャラ殺し」って言葉で向かっていった光一さん、
余裕というか大人対応というか。
あー、ほんと会見慣れしてるなぁって。
あったまいい〜〜(^^♪

(でも本当は、光一さん自身も気が重かったんじゃないかなぁ・・・、今回ばかりは・・・)

起用が決まってから、ずーっとモヤモヤ感が溜まりまくってましたが、
会見を見た今の方が意外とスッキリしたかなぁって思えてます。
あくまで、私は、という話ですが・・・

そして、このCMが、
今後どのくらいの頻度で流れるかってことにもよるでしょうけどね(^_^;)


このCM起用を以て、
今後は、笑えない髪の毛ネタは封印されねばならないはずです。
なんてったって、スポンサーだもん。
2人共に使ってる、と外に向けて言った以上、
みんなが自覚しないといけないんじゃないかなぁ。
これがいい区切りになると、私は信じていたいです。
ずっとこのCMのことを考えるだけで、気が重くて仕方がなかったけれど、
どうせやるなら、プラスに変えてった方が絶対いいはず。

どんだけ唸ったところで、
あのCMも店頭ポップも、
消えてなくなってはくれないし・・・・゜・(ノД`)・゜・


てか、もういい加減、このネタから足洗おうぜー
おふたりともに。
そして、光一さん自身もね。

まぁ、とにかくまーーったくわからないのが・・・
わからないままに言っちゃいますが・・・
なんであの合成に4ヶ月も費やすの?(笑)



あ、そうだ。
新しいアルバムに向けて、
ヘッドホンを新しいものに替えました。
長い間本体の付属品を使ってたんですが、
断線気味? 時々不具合があったのでストレス溜まってました。
よっしゃ!このタイミング!!とばかり。

なんせ万年金欠のファン生活ゆえ(笑)
買えるものにも限度はありますが、
「あれ?こんな音あったっけ?」とか、いちいちビックリしてます。
なんだかどの曲聴いてもとっても新鮮。
というわけで、受け入れ体制は万全となりました(^^♪

かのCMを打ち返すくらいの
とてつもないかっこいいCMも同時に流れ始めているようです。

「Spiral」
いつでも来いっ!♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚






拍手コメントのお返事です。



すうさま

初めまして。柊子です。
同じ境遇の中のファン生活、
分かり合えるような部分、たくさんあるかと思います。
日記代わりなので、うちは今こうなんです〜というようなネタも時々出すので、
お時間があれば、またお立ち寄りくださいね。
拍手からいつでもお言葉お待ちしております。

プロモあれこれ

木曜金曜と続いた、関西プロモーション。
ありがたいことに、木曜はお休み、金曜は午後出勤ということで、
どちらもリアタイで拝見することができました。

光ちゃん!
もしかして、私のシフト、ご存知だったのっ!?(@_@;)  ←まさか(笑)

ということで、結果テレ東から続いて、
なんと奇跡の3日間連続の生光一さま*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


日頃からの私の広報が行き届いている?せいか(笑)
職場では「光一くん見たよ!」の声も結構かけていただきましたよ。
やっぱテレビの力って最強だ (●´ω`●)


関西住みでいて、ここまでリアルタイム光ちゃんが楽しめたことって、
未だかつてあったかしら??
テレ東は、後輩君たちや太一くんと楽しい空気を振りまいてくれたし、
薄荷は今も大好きな曲だから、久しぶりに歌っている姿が嬉しかったな♪

ワンダーは、まさかの1時間出ずっぱり。
コメンター席で、何につけ「堂本さんいかがですか?」と振られてたのがおもしろかったです。
レスキューの感想が、とっても光ちゃんらしかった。
目にして心に沁みたこと、たくさんあったでしょうね。

よーいドン!
曜日が違えど、光ちゃんから「リンゴねーさん」のお名前が聞けたっ!(((o(*゚▽゚*)o)))
大阪の女への忠誠心はさすがです。
菅ちゃんが大好きなので、お話してくれたら嬉しいなぁと思ってたら叶ったぞ♥♥
以前、帝劇での観劇をブログに載せて下さっていた羽野晶紀さんも、
しっかりと感想を伝えてくださってましたね。
ボーダーのインナーって珍しくないですか?
実はカーディガン姿って超好みなので、
短い時間ながら、すべてにおいて大満足(*´∀`*)

今年のプロモーション時の衣装って、
やけに、紺、青、白の組み合わせが多くないですか?
てか、ブンブブーン見てても感じるんですけど、青紺系が増えましたよね?

夏っていうのもありますけど。
爽やかで、落ち着きすぎないラフな大人感もあって。
こういう色がしっくりくるようになったんだなぁ。
攻めてるアルバム作ってても、
やっぱ光一さん、大人モード入ってきましたね。
ステキステキ♥♥♥

なんだろう。
光ちゃんがいる空気って、
華やかだし、キラキラもしてるけど、すっごく和やかで柔らかいの。
なんだかすっごく清らかになる。
周囲から湧き出る笑い声も、とっても明るい。
でも、その番組の持つ空気感は絶対邪魔しない。
透明感、とでもいうのかなぁ。
存在感いっぱいなのに突出しないし、
かといって溶け込んでしまうには、あまりにも特別な人。

彼の魅力って、本当に不思議だなぁ。


そしてまた、関テレさんは、今年もとーっても躍動感溢れるCMを作ってくださってました。
アルバム関連の映像にすっかり心奪われていたところですが、
おおっ、やっぱSHOCK好きだよぉ〜って一気に気持ちを持ってかれました★

これを目にするためのFC申し込みも、もう来週にはいい加減・・・(;´Д`)
今年は部活を引退し、自由な時間を手に入れた次男が観劇の名乗りを上げました。
ダンナは当然のように、今年も観に行けると決め込んでます。

ど・・・ どうしたもんだ、うちの男たち・・・・

そんな簡単なもんじゃねぇんだぞぉぉぉ・・・


まぁ、うちの家族問題はさておき。

せっかくのこの時期の関西遠征なんだから、
Gravityの時みたく、あちこち巡って、アルバム宣伝もしてほしかったなぁ。
欲を言えば、キリはないですけどねぇ・・・


とかなんとかボヤいてたら、
みなさんからの悲鳴が聴こえ、
こりゃいかん!と慌ててポチったテレビジョンCOLORSも届いた!

うぎゃ〜〜〜〜。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

まだまだ雑誌祭りは続くのに、
こりゃ自制心との闘いになりそうです・・・(;´Д`)


今のところ、これ以外はソングスだけがありますが、
それと並べたテーブルを見て、ダンナが言うのですよ。

「もうずいぶん長いこと、ずっとこういう光景を目にし続けてるけど
 それでもいまだに時期がくると、
 これだけの数の表紙を飾り続けてるのって、すごいことだよなぁ」 と。

うん、たしかにっ!\(^o^)/\(^o^)/



でも、ダンナは知らない。

私が買ったものなんて、これでもまだほんの一部分。
数で言えば、特集されているものはこの倍以上はある。
しかも、もうほとんど買うことはなくなってきてるけど、キンキだってあるわけで。


そういえば、むかーしむかし
今は図書委員と化したつよしくん寄りの友人と雑誌について話していたとき。

キンキ露出時、この雑誌がよかった、あの本がよかった、
あれもこれも買っちゃった〜みたいな賑やかしい彼女に向けて、
「えー、私なーんにも買ってない。
だって、光ちゃんはいつだってなんだってかっこいいもん。
かっこいいってくくりだけで買ってたらキリないんだも〜ん」

って言い放ったことがある(笑)

もう、とおぉぉ〜〜〜い話ですけどね。
ほほほ(* ̄∇ ̄*)



さて、来週あたりはあのFameのショートバージョンの公開もされるそうですね。
またテレビもあるにはあるし、
雑誌もまだまだ続いていく。
毎日の情報確認が、とーっても慌ただしいっていうのも幸せの証拠(*´∀`*)

感触として、今アルバム、プロモーション的には
これまでの中で一番層が厚いと思いませんか?
明らかに、推してもらってると感じられるような。

あ〜、なんだか浮かれちゃうなぁ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚

おいおい、浮かれてても
来週こそはやらなきゃ〜の梅芸申し込み。

どうか、皆様もお忘れなきように(^^♪  



あっちもこっちも、
プロモ全開、
私の気持ちも全開。

7、8月はそんなこと以外にも、結構予定が満載で、
そこと仕事とどう折り合いをつけていくかが課題になってます(´Д`;)

札幌で初日が開けば、きっと狂喜乱舞のレポ巡りが始まって、
私も入る大阪横浜へと続いていきます。

ああ、過酷な、
だけど幸せこの上ない7月へいよいよ突入。

がんばれ、
ほんと、がんばれ、私・・・・・(・・;)


そのエネルギー注入のためにも。
早く早くアルバム音源くだされ〜〜〜♦♫♦・*:..。♦♫♦






拍手コメントのお返事です。


かおさま

おめでとうございます!!
最後まで諦めないで本当によかったですね。
光ちゃんを思うかお様の気持ちが、絶対通じたんだと信じてます。
これで一緒に盛り上がれますね!
当日まで、お互い気持ちを高め合いましょう。
本当によかった!\(^o^)/


Fame解禁

Fame、解禁となりました。
思ってた以上に早くてビックリ(@_@;)

まだ先週から続くテレビのあれこれの余韻に浸りながらの毎日なので、
気分は盛り上がりっぱなしではあるももの、
何か新しいものが出るたび、
「ちょっと待って、ちょっと待って(´Д`;)」と焦りまくりの私です。
なんせここまでの幸せの洪水に、あんまり慣れていないのですよ。
うっ、ほんと嬉しい(*´∀`*)


企画外だった「INTERACTIONAL」があまりに一般の方からの反響が大きくて、
実はそのことに一番驚いていたのは、
たぶん私達ファンの方だったような気もしています(^_^;)

そういう前フリがありつつの・・・・ 
「Fame」

曲が初出しの時の驚きと衝撃はハンパなかった。
「おいおい、この曲どんだけ凄いんだっ!?」と身震いしました。
MVの方は、見事なくらいの鉄板であり真骨頂。
ジャケ写をヒントに、二次元というイメージも先行してか、
「きっとこういう感じのものだろう」という想像に近かった、というか
聴こえたものが、そのまま画になっていた、というか。
さすが、「音楽を見える形にする」職人です(笑)


でもでも!!

まだWSでチラ見しかできないものの、
そのカッコよさは、想像をはるかに超えて、
宇宙の果てまで飛んでっちゃいました(爆)

かっこいいなーーー。♥。・゚♡゚・。
かっこいいなーーーーーー。♥。・゚♡゚・。♥。・
かっこいいなーーーーーーーーー。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

と、この言葉にキリはありません。

この人、ほんっとにどこまで私たちの魂抜いちゃうの〜〜(´Д`;)

こんな2次元な男、いるっ!?!?



そしてまた、これを受けて、
「SHOW ME UR MONSTER」のクラシカルな光一さんが、
妙に復活してきちゃって困ってる私(~ω~;)))
「Fame」を見て、同時にあのステッキを振りかざした博士が、
突然私の中でこれまた花まる急上昇中とは!?(@_@;)


今のご時世、CGをフル活用した二次元製作は、
わりに他の方でも挑んでおられるような・・・ とも思ったりもするのです。
その中の表現者が、それに見合う力を見せることができるかどうかはまた別ものですが。

まるで劇場の空気を再現したかのような、
あの博士姿のまま、ガッツリ踊る姿をそのまま映像にしてしまう技は、
エンタメ界広しといえど、光一さんただ一人と言い切れると思う。
あれはあれで、相当希少なものに違いない。

と、昨日のこの「Fame」を目にして、
改めて感じた、光一さんのノーブルさの凄いことよ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

二次元だったり、アナログだったり。
彼のビジュアルの魅力って、
ほんとに多方面すぎて、たまんない(*≧∀≦*)


あ〜、ウズウズ。
「Fame」の鋼の光一さんと共に、
あのベルベットの手触りのような「SHOW ME」の光一さんも、
もうちょっとだけ世に放たれて欲しかったぞーー! と、
萌え萌えの「Fame」のリピートも止められないまま、
あれもこれもに、キャーキャーと、とっちらかってる私なのでした。


困った困った、
日常に支障がありすぎるよぉぉぉ〜〜(;´Д`)



今回の映像シングルから始まったアルバムプロモ。
露出もそうだけど、映像も3本となり、とにかく贅沢☆
お金かけてもらってるなー、
推してもらってるなー、がとても目に見えてるような気がします。

やればできるぜ、J○さん!!(笑)

今はとてもいい流れがきてる。
長いファン生活の中でも、
ここまで密度の濃い活動を見せてもらえる年はなかったと言い切れるほど。

どうかこのいい流れのまま、
彼のこれまでの努力が報われていきますように。

ソロコン、SHOCK、ドラマと
数多くの方の目に触れ、
たくさんのチャンスが、彼に訪れますように。

ウェブでも届けてくれた、「充実しています」のあの力強い一文。

これからもずっとずっと、彼の中に続いていきますように。





拍手コメントのお返事です。


エツさま

こんばんは。お立ち寄りいただきありがとうございます。
あの緊張度からすれば、相当な覚悟で挑まれたと思うのですが、
見事な成功に心が震えました。
光一さんの勇気に、ありがとう!を伝えたいです。


かおさま

こんばんは。
どうやら一般発売決まったようですね。
厳しいかもしれませんが、なんとかこのチャンスを掴んでください。
いつかいいお知らせが届くことを、私も祈っています。


むっちゃんさま

こんばんは。
拙い文章ですが、共感していただきありがたいです。
今後共よろしくお願いいたします。


6/18 お立ち寄りいただいた方

こんばんは。
MFで結論は出たでしょうか?
テレビを通じて私達には判断つかない物事に
これ以上白黒はっきりさせなければいけない理由もないように思えます。
確かな答えが見いだせないものに追求を重ねていくことは、
ソロであれGであれ、
今後応援していく困難さと相まっているようにしか思えないのですが・・・

光の夜 -Mステ-

昨日、今日と、
ずーーーっと体がふわふわしてました。
あ、違う。
心がふわふわ、という感じ。
軽くて、
とっても清々しくて。

その前はずーーっと重かったです。
胃の痛い思いというのはこういうことでしょうか(^_^;)

先週の発表以来、どうしても周囲と同じように「楽しみ〜〜\(^o^)/」と
100%全力で叫べなかった私。
理由はもう改めて書いたりはしませんが・・・・
長くファンをやっておられる方は、
心当たりがいくつかチラホラおありでしょう・・・ ね(笑)


でも、12日の夜9時をもって、すべてが変わった。
ほんとにすべて。

ごめんなさい、光ちゃん。

あなたはやっぱり、強く大きな力を蓄えた人だった。



PVの空気感がほぼ再現されていたといってもいい、「INTERACTIONAL」。
そう、私の願いは、「全部あの映像のままで」
ヘアも、シンプルなタキシードも、ダンサーさんも。
あのままであったことが、とてつもなく嬉しかった。

ダンスはもうすっかり体に入り込んでいたかのようで、
意外なほどの(m(_ _)m)安定感に驚きました。
力がこもりがちの生放送だけど、
曲調と抜きを意識しながらの、神経の行き届いた丁寧なダンス。

そう、光ちゃんって、絶対ノリだけで踊らない。
どんなに軽さを求められても、
ポジションの正確さ、体のラインの美しさは絶対崩れない。
これがあるから、光ちゃんは絶対に「○○風」にはならない。
何系の踊りであっても、
そのテイストは守りながら、堂本光一は堂本光一であり続ける。
それこそが一番の彼のスゴさだと、心から思えます。


ブレスのとりかた、ファルセットの歌い方にも、細かい工夫が見える。
生歌にうまくコーラスを重ねて届ける計算済みの上手さにも土下座です。
あの振りであっても、
ちゃんと歌える彼が存在してくれたことに、改めて感動させられました・゜・(ノД`)・゜・

実は、最初PV見たとき、
「え、これを生でやるの・・・(・・;)?」
という空恐ろしさと同時に、
「あ、そっか。この曲、生歌想定してないんだな」とか、
とんでもなく失礼極まりないオチを勝手につけてました。
(私はファンです(爆))

口パク論議を起こすのは、残念ながらいつも身内からばかりのようで(♯`∧´)
そんなやっかみの声が上がるくらいに
踊りながら歌うテクニックを身につけた光ちゃんって最強。

逆に、そういうことを広める人ほど、
これまでの光ちゃんの仕事をろくすっぽ見聞きしないままだったりですものね。
いやいや、もっと言えばシャットアウト状態なのかな。


それにさー
別にもう何言われたっていいもん。

テレビを見ていた人の耳に届いた、
あの曲に流れるすべての声が光ちゃんだという事実は、
実は本当にすごいことなんだから。

ついつい画面の下あたりに、
「Chorus : Koichi Domoto」ってテロップも入れてくれ!と思っちゃいません?(笑)

ねー、みんなわかって〜〜
ダンスだけじゃないんだよぉ

あの声は、
ぜーーんぶぜーーーーんぶ
堂本光一なんだよぉぉぉ〜〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


とにかく。
とても生放送の初だしとは思えない。

会心の出来です!
爽快です!♪( ´▽`)



さてさて。お次。

まずは外見的に、
素の光一さんを貫いていてくれたことがありがたかったの!(≧∇≦)

ちょーっと想像しては汗かいてたりしてたんですよね。
髪型だの、衣装だの、
外見的にMJコラボ色に遊ばれる光一さん‥‥‥‥‥‥( ̄◇ ̄;)

ヘアもそのまま。
装飾のない黒のスレンダーなスーツこそが、
光ちゃんのスタイルと容姿を一番際立たせる。

そう!これっ!!
これでいいのっ!!\(^o^)/\(^o^)/

この段階で、まずは成功(≧∇≦)


「絶対に失敗が許されない」を看板に、
ビビリまくりの光ちゃんが伝わってきてました。

でもでも。
なーんだかそのビビリ具合も、なぜか無性に可愛くてしかたなかったんです♡
ケントさんとおしゃべりする様もとってもいい雰囲気。
明らかに緊張はハンパなかったろうけど、
でも、これから大技を決めねばならないというピリピリ感も、
あのお靴のトークのかわいさに、ドンドン薄くなっていく・・・(*´∀`*)


キャーキャーー
かわいいよぉ〜〜♡♡♡  は、見事にここまで。

この後のすべては、圧巻でした。

あれだけ早いテンポの
ドヤ顔全開のリズム打ちダンスを踊る光ちゃんを見ることは、
ファンであっても、そんなにチャンスはなかった・・・ですよね。

SHOCKでも、ソロコンとでもまた違う光ちゃんが
見えていたような。

とはいえ、

MJであれ
ケントさんの隣であれ、
ここでもやっぱり堂本光一は堂本光一であった、 ような気もします。

どんな波にも、熱にも、圧力にも喰われたりしない、
彼は常に上質であるという定義。

光一さんはダンサーじゃない。
エンターティナーです。

彼より上手い人はもっとたくさんいることは間違いないはずで、
それでも、彼の中から生まれるもの、
ケントさんと並んだその数分間を、
独自のエンターティメントとして楽しみ、
「よかった!」と声を上げてくれた視聴者の方がたくさんいたこと。

これはもうファン冥利に尽きる思いです。

そんな数々の言葉を追いかけ、見かけるたび
今も涙が出そうです。

いろいろいろいろ・・・
本当にいろいろあったけど、
全部全部報われた。



高みを目指すためには、
自分以上の誰かの力って、絶対に必要なんだと思う。

たとえば、

「扉をあけて」をリードしてくれた沙也加さん。
このコラボのケント・モリさん。
そして先日共演を終えた染五郎さん。

みなさん、本業として極められた方々。

そういう方の隣で、
いやがおうにもやらなくてはならない環境に、
ようやく放り込まれたな、と思います。
本当にやっと。


ピンチをチャンスに。

彼自身が何度か口にしていたまさしくそれが、
最近ようやく私達の目に、結果として見えてきたような気がします。


10代後半から、ずーっとトップを走り続けてきた光一さんだけど、
36歳の今になって、これほどの大ホームランを打ってくれるとは思いもしなかった。

しかも、生放送という場所で(笑)


こういうことがあると、毎回書いてしまうけれど、
本当に彼のファンを続けてきて良かった。

彼を見つけることができ、
追いかけることをやめなかった自分ってエライ(^-^)


やっぱりテレビって大事。
どんな媒体も、テレビに出ることには敵わない。

こんなチャンスを与えてくれたどなたか。
そして、ビビリながらもオファーを受けてくれた光一さん、
本当にありがとう。


しばらくリピートが止められそうにないでしょう。
というか、こんなどーでもいい文章は放りなげて、
今すぐまたリピートしたくてたまらないです(笑)


まだしばらく露出は続きます。

このフワフワな幸せ感に包まれながら、
毎日をステップしながら軽快に過ごす自分がわかりすぎて笑えます^^;


遠い場所から、
トラヴィスも見守ってくれた。

シンプルな衣装に、
その靴はゴージャスに華やかに、
そしてあたたかく包み込むように光り輝いていました。

一つ一つの経験と出会いと学びが、
あの日の夜に集約されていたかのようで。

色合いの違う2つのパフォーマンスの成功と共に、
より強い男性になったことが目に見えたことが、
本当に心の底から嬉しくてたまらない。

まさしく
「光一の夜」 
「光の夜」

なのでした。






拍手コメントのお返事です。



かおさま

追加当選のご案内は届きましたか?
日程によってはかなりシビアだったようですが。
どうか一枚でもチケットが届きますよう、お祈りしています。


6/11お越しいただいた方

こんばんば。
やはり生は無理でしたか?
娘さんは無事に録画してくれていたでしょうか?
私頑張りましたよ。リアタイやりました!
不安、怖い・・の感情は、見たい!に見事に負けました(笑)

映像シングル発売

フラゲ日の昨日はお休みで、
買い物終わりの午後一番にお迎えに行きました。
うちみたいな地方の店舗では、発売日じゃないと店頭には並ばないけれど、
その店舗にしては珍しく、
結構デカめのポスターパネルが床に置かれていてスタンバイ中って様子。
ちょっと気分上がりましたね〜↑↑↑
結局梅田の巨大パネルを見に行けそうにないので、
ここで並んだ光景、撮らせてもらおうかなぁ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



さてさて。
まずはどストライクすぎる「INTERACTIONAL」から。

ミュージックファイルで録画していた3分映像を、
HDDが壊れるんじゃないの?くらいなリピをしたにもかかわらず、
光ちゃんの軽やかな動きと指先が奏でる大人な世界に完全泥酔。
ステキステキ♪♪
なんていい気持ちにさせてくれる曲なんだろう
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

改めて確信しましたね。

「この曲を聴いている私がカッコイイと錯覚させてもらえる曲」

うんうん、間違ってない(#^.^#)


見始めて気がついた。

と言うか、私達はまだ知らなかったのね・・・

もしかして、
この曲の肝は後半なのか!?

後半部分から間奏、エンディングに向かって、
この緩さを繰り返しながら、サラサラッと気分よく終わっていくかと思いきや、
これがまた想定外のアッパーな世界に誘われていく。

なんだ!? あの超カッコイイ間奏はっ!!

曲始まりはメゾピアノくらい。
エンディングに向かって、徐々にクレッシェンドしながら
フォルティッシモ寸前にまでジワリジワリと膨らんでいく。
心地よく刻まれ続けるリズムと、力みのないダンスに、
見ているこちら側の高揚感がハンパない!
なに? この煽られる感じ!?Σ(゚∀゚ノ)ノ

しかもそれが、いかにも!っていうような力んだものじゃなく、
とーってもスマートにかつスタイリッシュに進んでいく。

これはたしかに、これまでの光ちゃんの楽曲では触れることはなかったものかも。
間違いなく彼にとっても、私達にとっても初めての世界。
錦織君、YOSHIEさん、形にしてくれてありがとう!!

最後の「アイ、ラブ、ユー」の「ユー♪」に負けました(爆)



そして、「SHOW ME UR MONSTER」

最初の机に座る博士の姿だけで「ごちそうさまです♥♥♥」
鎖につながれた姿で過呼吸起こしそうだし(笑)

そしてまたねー
この人、PVに心臓打ち抜きショットぶち込んでくるの、好きだなぁ(//∇//)(//∇//)


まるで劇場の客席で見ているかのようなオリジナルの映像も素晴らしいけど、
私はこの曲、ダンスバージョンが俄然好きになっちゃった!
博士のまんまで、こんなガッツリ踊ってくださるとは(*≧∀≦*)
振り付けも、光一さんのダンスブレーンShin1さん、
曲もダンスも、見事なほどの光一ワールドですね。
CMでときめいて、「INTERACITIONAL」に興味津々になっていただいた方は、
逆に、こちらのダンスバーションタイプのディスクを購入していただいた方がいいのかも。
そしたら、絶対一粒で2度おいしい堂本光一になるはずだから゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

この曲も、ディスクの中だけの宝物にしちゃもったいないオバケが出る〜(>_<)
どこかで披露してほしいなぁ。
アルバムが出るタイミングの時には、ぜひこの曲での露出を!と願わずにいられません。

そのときは、もちろんこの博士スタイルでね(⌒-⌒)




ヤバいヤバイ。
リピートが止まりません。

家事もあるし、仕事もあるし、
今週は悪いことに、次男の個人懇談まである・゜・(ノД`)・゜・

戻れ〜〜
一般人の生活に戻れ、私〜〜〜。゜゜(´□`。)°゜。・゚・(ノД`;)・゚・



さぁ。
Mステ。

「気持ちよくて陶酔すると間違える」と笑う光一さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(^_^;)


2枚のブルーレイを無事に手にできた私が今一番欲しいもの、

それは、金曜のその時間をリアルタイムで見ることができるメンタルの強さ、
とでも言っておきます(笑)






拍手コメントのお返事です。


かおさま

そうですよー!
最後まで諦めない人間が勝つんです!!
座席増加は光ちゃんの愛です。
当選メールが無事に届くことを、私もお祈りしております。

同時多発すぎる(笑)

早朝からお友達からのLINEの「解禁!!」の号令\(^o^)/

午後から仕事だったことが幸いで、こちらでOAのある一連のWSは無事に収穫できました。

最初は新聞の写真だけだったので、
あのコスチュームに鬘に烏帽子の光一さんの姿に、
ただただ、「ほ〜お」と、物珍しいものを眺めるという感覚から始まってしまって(^_^;)

でも実際流れたWSの中、動いて演技をされている姿は、
「ドンピシャ!」 でした。


陰陽師、映画はたしか萬斎さんだったよね?くらいな知識しかなく、
撮ってるらしいという情報が流れる中、
お友達から、たぶんこの役だろう、と博雅についてレクチャーしてもらっていました。

実は帝の孫、公家なんですね。

そりゃ〜、雅だ!
ドンピシャなはずだ!!゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


横笛の姿も麗しく、
あれは正装なのかな?(詳しくなくてごめんなさい)
赤と黒のお衣装で立っているその佇まいが、
まんま絵巻物から抜きん出てきたよう。

かと思えば、殺陣の身のこなしの美しいこと。
お衣装も烏帽子も大変だろうけど、
日頃からわざわざ加圧付きで殺陣のお稽古をされている彼にとっては
朝飯前の身のこなしですわ(^^♪


染五郎さんと並ぶ姿は、麗しすぎるけどどこかほっこりで和やか。
真摯かつ謙虚に取材に応じる光一さんの笑顔がとっても柔らかかったです。
染五郎さんもラフな方のようで、
地方で長く時間を過ごして、だいぶ打ち解けたかなぁ?

SHOCKやソロワークで、
いつもは若手に囲まれ、牽引役ばかりの光一さん。
ジャニーズではベテランと呼ばれる年齢層だけど、
世の中的には、36歳はまだまだこれから中間層です。
時には、こういう新しい場所で、
年上の経験豊かな方に揉まれて吸収していく時間って、絶対に必要ですよね。
もちろん、それは光一さん自身が誰より望んでおられることだろうし。

染五郎さんはもとより、共演者の方々と過ごした時間から、
いっぱいいろんなものを持ち帰って、
これからの何かに繋げていってほしいなぁって願います。

絶対このお仕事は、
彼の今後を豊かにしてくれるものがたくさんあるはずだと信じます。


朝から出勤前の家事も片手間にやりつつ(笑)
WSや解禁された記事を追いかけ、ひとしきり大騒ぎ。
烏帽子姿が頭から消えないまま仕事を終えて帰宅すると、
待ってました!
日経エンタさん☆★☆★


これはねぇ・・
キャーキャーはありません。

切なくて。
ただもう、切なくて。


あの再開後の一回は、
ファンは見守り、祈りつつも、
マスコミにも晒されてしまっている、
ある意味とても厳しい目を向けられていた公演。

事故で、みんなが傷ついた中、
それでも成さなければならなかった、
「ただの一つもミスが許されない公演」

あの回は特にそうだったろうけど、
本当は、今年は千秋楽に至るまでのすべての回がそういう空気だったのでは。

もう・・・ 壮絶すぎて言葉がないです。


大道具さんのメンタルを気遣われたことは当然でしょう。
こんな私ですら、思わなくはなかったですから。

後々、東宝側から正式な見解として、
人為的なミスからの事故でないことも証明されました。
千秋楽まで無事に続けることができた、というだけでは済まなかったことが、
やっと終わりを見たような気がします。
大道具の方はもちろん、座長も本当に心からホッとされただろうと思います。

絶対に起きてはならないことだったろうけど、
起きたことからすれば、すべてはいい方向へ動いていったのでは・・・

あのカンパニーなら大丈夫だろう、なんて括りではなくて、
すべては、座長やスタッフ、カンパニー全員で掴んだもの、だったんですね。


SHOCKって、どこまで上り詰めるんでしょう。

いよいよ先が見えなくなってきたような。

だから、光一さんは、また走り続けるんだろうな。
うんうん(*'-'*)



さらに夜には、不意打ちの番組でOAされたというPV映像も見ました。

見事なくらいの私好みなどストライクですっ(*≧∀≦*)
これがさっきまでの公家の光一さんかっ!。゚+.(・∀・)゚+.゚


そしてもうCMまで流れているとなっ(@_@;)
え、どこで捕獲すればいいの?
なんて言ってるうちに、
オリスタ質問のエントリーをうっかり忘れてしまってたーーー(´;ω;`)(´;ω;`)


お願いっ!
こんな数年に一度あるかないかって幸せは
もうちょい小出しにしてくださいな。
なんせ光一ファン、
あまりこういう洪水のようなものに慣れてなくてですね・・・(^_^;)

私の更新も追いつかないわけですよー(´Д`;)
でもやります。
だって、こんなキラキラした日は残さなきゃ!
残さなきゃ!って必死になること自体、
ほんと私達これまで不遇だったんだなぁ・・・・゜・(ノД`)・゜・


私達がこれだけ汗かいてるんだから、
ご当人のお忙しさは口では言えないくらいだろー

と、思いきや、レミゼにもお出かけなんですね。
ということは、帝劇で何かしらお仕事されてました?

時期的には、もうソロコンやプロモ露出関連で大わらわかと思いきや、
そういう時間もあったりで。

バッサバッサと同時進行で次々とお仕事を捌いていかれるさまが男前すぎる。


さすがは、光一さん。

私達が惚れた男です。♥。・゚♡゚・。♥。・゚





拍手コメントのお返事です。


かおさま

こんにちは。柊子です。
落選の方への追加受付メール届きましたか?
エントリーされましたか?
あれもこれもの毎日ですが、これだけは絶対取りこぼしのないよう。
今度こそ、王子からの招待状がお手元に届きますように。
最後まで諦めずに、がんばって下さいね。


るりさま

お久しぶりです。
ほんとにねー、私達ってここまでの怒涛の幸せの波には慣れてないんですよね。
そしてこの先をついつい不安がるのも私達ならではなのかも(笑)
あ、私もミタライは絶賛要望中です!
博雅が平安の石岡くんと言われようが(笑)、
リアル石岡くんをまだまだ求め続けますよ!
私も声を大にして言います。
働け、JE!!


アルバム「Spiral」

わーいわーいヽ(*´∀`)ノヾ(=^▽^=)ノ

わかってはいたけど踊っちゃう!ヾ(*´∀`*)ノ


友人とも、つい昨日
「6月入るぞ、ヤバイぞ(´Д`;)」なんていうLINEをやったばかりだったんですよね(^_^;)

とにもかくにも間に合った!!(笑)
札幌参加の方、よかったですね\(^o^)/


「Spiral」

‘螺旋‘ とか ‘渦巻き‘ って意味だそう。

なにがどうグルグル回ってんだか、
もう英語だらけのタイトルだけで、目がグルグル回りますが(笑) ← ふざけてごめんなさい(^_^;)

そこにはたくさんのリズムと音と声が、めくるめくように渦を巻いてギッシリ詰まっているんでしょうね。

きっと光一さんからしか生まれない渦。


さて、この中に光一さん作の曲はある・・・ のかなぁ?
タイトルだけで、「これか!? あれか!?」なんて想像しては遊んでみるのも楽しくてたまんないです♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


そして通常盤の「SHOCK!」

なぜここにきて、曲タイトルがSHOCK???(笑)
なんか意味ありげ?
「SHOCK」というタイトルの曲をソロコンで歌うなら
一粒で2度おいしんだろうかっ!?!?(爆)


ジャケットもだしー
MVもだしー
アルバムタイトルもだしー

ほーーんとにすべてがカッコイイ!!。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


やっぱねぇ
ソロなのだよ、うんうん。
この時を待っていたのだよぉぉ(´;ω;`)



一方で、中身が男前すぎるのが会報。

幻に終わった映画騒ぎだったり
DVDシングル発売だったり
東北の方から、なんか聞こえてきてたりして(!)
いろいろ忙しかった化け猫たちでしたが。

やっぱり、「SHOCK」の話に立ち戻ると、本当に胸が締めつけられます。

「座長」ってこういうことなんだ。
この人の腹の据わりようは尋常じゃない。

あんな大きなアクシデントをも乗り越えたこの作品、
まるで劇場そのものから、
「終わりはないんだよ」というふうに導かれているかのような。

それは少し、胸がギュッとする思いでもあるんですが・・・

この波を乗り越えて、さらにはソロコンをも乗り越えて施される梅芸、博多座公演。
新しいキャストを迎えての化学反応もすごいだろうな。
見応えのある舞台になることは、間違いないでしょうね。



穴が開く位に見入っちゃう鎖につながれた光ちゃんの姿、
(おかしな人になりつつありますw)
メディアやステージでは、どんな姿で私達にこの曲を表現してくれるんだろう。

みなさま、
「アイソレーション」という言葉、チェックしましたか?
頭に叩き込みましたか?
光ちゃんファンはカタカナにドンドン強くさせられていく(笑)


着々と足音が近づいてきています。

あとは、DVDシングルとアルバムが手元に届くのを待つべし!!(((o(*゚▽゚*)o)))




拍手コメントのお返事です。


HIROKOさま

こんにちは。
いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
本当にMVもソロコンも楽しみで仕方ないです。
アルバム、うんと期待を膨らませて、
音の渦に溺れましょう♥♥


suzyさま

初めまして。柊子です。
当落結果は本当に心臓が縮まる思いでした。
SHOCKの時とはまた違った緊張感、
何度経験しても、こればっかりは慣れませんね。
無事に王子からの招待状は届きそうでしょうか?
お互い、王子と素敵な時間が過ごせますように。
またいつでも遊びにいらして下さいね。



wakoさま

こんばんは(*´∀`*)
招待状おめでとうございます!
初日! いいなぁ〜!!
誰もまだ知らないステージを見ることができる幸せって、
どんなものなんだろう・・・
オーラスもいいけど、初日って憧れます。
今回も飛行機ムリ〜〜に負けた弱虫の柊子です(;_;)
どうか私の分も、初の「Spiral」の世界を楽しんできて下さいね。
感想、ぜひ聞かせてください(^^♪


当落にMV解禁に

かっけ〜〜〜っ!!!。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥


カッコイイ!という言葉以外、見つからないっす!

もう泣けるくらいにかっこいい!!(´;ω;`)


アクアとZIPの放送がない関西、
めざましだけの1分に満たない映像だけを、出勤前の短い間可能な限りリピして、
ずーーっとその映像ばかりが頭に流れながら仕事から帰ってきたら、
これまたスッキリ!では、かなりな容量で流してくれていたっ!!!(*≧∀≦*)

スッキリさんっ!!
いつの間にか、もうすっかり光一推しじゃないかっ!!!(((o(*゚▽゚*)o)))


ヨーロピアンな光ちゃんだったり
アメリカンな光ちゃんだったり。
ほんのチョイ出しなのに、
言葉に尽くせないくらいの贅沢な映像。


え?
踊りっぱなし、「続けてもう一回」を12時間??

それこそが、キンキじゃできないことだなぁ(笑)


同じダンスナンバーでも、今のところまだこのほんのちょいだけの映像じゃ「こっち!!」って言えないくらい、
きっと2つは違うテイストに仕上がっているんだろうけど、
私個人的には 「INTERACTIONAL」が異常なくらい好き。

ん〜、なんというか。

「この曲を聴いてる自分が、
すごくカッコイイ人間だと勘違いできる」(爆)

ふははー
なんか、そういう何とも言えない陶酔感があるんですよね、この曲には。
その感覚が、私の中のアゲアゲ感に変わっていくんですよ(*´∀`*)

MVには予想どおりの女性ダンサーでしたが、
これがまた宝塚の男役さんっぽいイメージだったという意外性!(@_@;)
オンナオンナしてないモノクロの色気の中、
逆に光一さんの男っぽさや艶っぽさが増すというお土産付き。
いや〜〜、この人にはほんといつもやられっぱなし。

そして、「SHOW ME」の方は、
ただの猛獣使いではなさげな。
鎖に繋がれた姿を、こんな爽やかな朝から放ってはいけませんぜ(笑)


そろそろCSあたりも、この数日間にはOAされることでしょう。
いつもの「なに焦らしてくれんだよぉぉぉ」と叫びたくなる、あのshort Vr.とやらで(笑)

それでもいい。
今のWSよりは絶対的に長いんだから。
早く〜〜〜
早く見せろっ!!

そして、更にもう一つ苦しめられるのは、
これが発売開始されたとて、
まだ最強の音源としてサクサクと手元に届くわけではないということ・・・(´;ω;`)

どーかどーかJEさま。
もう発売日がどーだのこーだの言わないで、
早く次なるアルバムを届けてくださいな〜♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦



さてさて。
ソロコンの当落発表の興奮は、少し収まった頃ででしょうか。

私もおかげさまで、大阪、横浜と入らせていただけることとなりました!!(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

こんなに電話を持つ手が震えたのはいつぶりだろう、というくらい。
落選から始まった確認作業になってしまい、マジで呼吸困難起こしかけてました(;´Д`)
お友達に救っていただいたこともあり、ありがたいことです。


追加公演、光一さんの今のスケでは厳しかったでしょうか?
どうかどうか、博多SHOCKの終演後くらいに、
まるっと追加出していただいて構いませんので(笑)

皆様は、いかがだったでしょうか?
想像どおり(以上かもしれない)の激戦でしたが、
どうか皆様のお手元にも、王子からの招待状が届いていますように。



いつも思うことだけど。

こっちは勝敗に関係なく、ゴソッと手数料持ってかれちゃう上に、
深夜や明け方まで長時間を費やす確認作業。
片や、先入金いらずで必要な分だけの手数料と
わざわざお知らせいただけるメール配信。

いくらなんでも、
同じグループの中なんだからさぁ・・・   

ブツブツブツ・・・・・  
と今更のように愚痴ってみる・・・・

ブツブツブツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (`・ω・´)



ま、いいんだけどね。

私達、そんな手間も手数料も惜しくないくらいの幸せもらってるんだしぃぃ(^^♪
ほっほっほv( ̄∇ ̄)v

(いやでもやっぱ手数料取るのは当選だけにしてほしい・・・(;_;))



livedoor プロフィール
記事検索
Archives
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ